日頃から気を使って長持ち

機械式時計は大切に扱っていると何十年でも利用できるため一生の友になります。しかし、乱暴に扱っていると寿命もそれだけ短くなるので気をつけなければなりません。重要なのは日頃からあまり衝撃を与えないようにすることであり、さらに使う度に少し手入れをすると長持ちさせられます。手入れとして重要なのは湿気を持たせないことです。雨や汗に濡れてしまったときには乾いた布を使って乾かすようにすると長持ちします。特に皮革製のベルトを使っていると湿度を持ちやすくてカビが生えてしまうリスクがあるので注意が必要です。しかし、ベルトは交換すれば良いだけなので、重要なのは基盤に湿度を持たせないように濡らしてしまったらできるだけ早く乾かすことです。

ときにはオーバーホールも大切

どれだけ丁寧に扱っていたとしても機械式時計は時を刻んでいる限り摩耗していきます。歯車はいつも回っているので摩擦により確実に消耗していくのです。そのため、五年程度に一度はオーバーホールをするのも大切であり、持っている時計のブランド店か機械式時計を扱っている時計店に行って申し込みましょう。即日から数日程度でオーバーホールを行ってもらえて、まるで新品のようになったものが返ってきます。時計職人の腕によってオーバーホールの精度も大きく異なるので、自分の時計のブランド店に任せた方がさらに長持ちするようになります。特に時刻のズレが目立つようになってきたときには速やかにオーバーホールをした方が安心です。

ウブロは1979年に創立されたスイスの時計メーカーです。プロスポーツ選手とも契約を結んでおり、著名人・芸能人にも人気が高い会社です。

手入れをするのが大切!機械式時計に必要なこととは?

You May Also Like