保管をする場所に気をつけないといけない

腕時計は、買おうと思えば100円ショップでも買えます。デジタルだけでなく、アナログタイプも売られていました。腕時計の目的は時間を知るだけでなく、ファッションやステイタスを示すためなどもあります。機械式時計といえば高級時計の代名詞で、有名ブランドのものが多くあります。日常的に身につけておけば、自動的にゼンマイがまかれて時を刻んでくれます。しかし、ただ使っていてはどんどん傷みます。手入れとしては、保管場所に気を付けるようにします。温度や湿度、ほこり、水に強くありません。温度や湿度は、身につけていないときはそれらの影響の少ないところに保管します。水を使う作業やほこりっぽいところでは、外すなどの配慮も必要でしょう。

適度にゼンマイを回す必要がある

機械式時計は、ゼンマイによって時を刻みます。自分でゼンマイをまくタイプの他に、振動によって自動的にゼンマイがまかれるタイプがあります。どちらにしても、ゼンマイがまかれていない状態だと動きません。まかれている状態だと動きます。機械なので、動かさないと傷まないと感じるかもしれませんが、確かに摩耗はしにくくなります。しかし、ほこりなどがたまりやすくなり、錆付などが発生する可能性があります。実際は、使わないとしても適度に動かすのが手入れとしては正しくなります。常に振動を与えて動かし続ける方法もありますが、最低1か月に一度はゼンマイをまくようにするといいでしょう。これなら摩耗も少なく、機械部分の傷みも防げるでしょう。

ブシュロンは1858年創業、フランスの高級宝飾ブランド店で世界5大ジュエラーに選ばれています。ハイジュエリーだけでなく時計や香水等も販売しています。

どうやって保管する?動かさない方が傷まないの?

You May Also Like