壁面緑化にはどんな効果が期待できるのか

壁面緑化によって建物の表面温度が下がるため、都市部では特にヒートアイランド現象の緩和に効果的です。また、建物内部への浸透熱も防いでくれるので、室内の気温上昇も抑えられます。エアコンが必要な夏場は、設定温度を低くすることができ省エネにも好影響です。植物は二酸化炭素などを吸収してくれるので、空気の浄化作用も期待できます。そのほか、植物の緑は見ているだけで気持ちを穏やかにしてくれ、リラックスや癒しなど精神的な面へも良い影響を与えてくれます。

壁面緑化はどうやってやる?

自宅でもできる比較的簡単な壁面緑化の方法としては、登はん型と下垂型があります。登はん型とは、壁にワイヤーやネットなどの補助材をつけて、プランターまたは地面に直接植えた植物を補助材に巻きつける方法です。巻きつけた後は、手入れを行っていけば植物は自然と上へと伸びていきます。もう一方の下垂型は、植物を植えたプランターを屋上やベランダに置いて、そこから植物を下へと垂らしていく方法です。自然と下へと伸びる植物もありますが、つる植物は様々な方向へ伸びることもあるので、壁に補助材をつけておくとより安心です。

壁面緑化に使用するための植物には、原則的に常緑植物を使用するといいでしょう。というのも、落葉植物は枯れ葉になって散ってしまうということがあるからです。ただ、落葉植物では季節感を味わうことができるので自分の好みで選ぶといいでしょう。よく利用される植物には、ヘデラ類があります。観葉植物としても利用され、壁を伝ってどんどんと成長していきます。スイカズラもよく利用される植物の一つで、色づきが変わる花を咲かせるのが特徴です。

壁面緑化とは、植物が育つ環境を建物の外壁に施工することで壁を緑化することです。その効能は、大気の浄化や断熱効果による二酸化炭素の削減や草花の増加による野鳥や昆虫の増加、人々への癒し効果などがあります。

あなたは知ってる?壁面緑化の効果とその方法

You May Also Like