ペットはどこで買うことができるの?

かわいい動物をペットとして迎える場合、里親募集に応募するほか、ペットショップや専門ブリーダーから購入することもできます。
店で展示販売されているペットといえば、一般的には犬や猫、ウサギやハムスターなどのげっ歯類のほか、鳥類や魚類が挙げられます。なかには爬虫類や両生類、エキゾチックアニマルと呼ばれる珍しい動物を売っている店もあります。
ブリーダーとは、一品種に特化して繁殖育成と販売を行っている業者のことです。ブリーダーはその品種ならではの飼育方法に熟達しており、交配や世話方法に工夫をして優れた個体を作り出すことに心血を注いでいます。

良心的なペットショップを選ぼう!

ペットショップのなかには動物の健康管理ができていない店舗もあると言われています。良心的な店かどうか判断するためには、ケージが清潔に保たれているか、動物の目や動作に元気があるかなどをチェックしましょう。また純血種の場合は遺伝病のリスクについて確認したほうが良いです。
それから、あまりにも幼い犬猫を売っているようなお店は避けた方が良いかもしれません。犬猫の場合、母親から離しても問題ないのは最低でも生後8週齢以降だと言われているため、展示されている動物の週齢や月齢も確認してみてください。

良心的なブリーダーから買おう!

良心的なブリーダーのもとで母親から愛情と世話を受けて育った子犬や子猫は、健やかに成長しているだけでなく精神的にも安定しており、飼い始めてから病気や問題行動を起こす可能性が低いと言われています。
ペットについて知識や経験が豊富で愛情も注いでいるブリーダーなら、育て方や困った時の相談に乗ってもらうこともできます。

子猫販売なら東京都で探すのがおすすめです。首都圏だからさまざまな種類の猫を扱ったブリーダーさんが数多くいます。

ペットを買うなら良心的な店やブリーダーを選ぼう!

You May Also Like