まず下調べと下準備が必要

どんなペットを飼うにしても、基本情報から飼い方、病気の事、飼育コストなど、子供を授かった時に妊娠・出産の事を調べるのと同じく、あらゆる事を調べる必要があります。そして、飼いたいペットがお住まいの地域の気候・気温で生きていくのが大変な場合や、飼育コスト的に大変な場合はどんなに飼いたいペットであっても、ペットとなる動物の幸せのために諦める必要があります。そして、絶対に死ぬまで大事に面倒を見られるペットが見つかった場合は、飼育に必要なものは店舗や通販でも大体は買えるので、口コミを見ながら色々と良い備品を買い揃えていきましょう。飼うのはそのあとです。

最も身近な可愛いペット、ハムスター

まずはじめに、最も身近な小動物系ペットとしてすぐ思い浮かぶのがハムスターです。そして、こちらはペットショップで買うのが最もポピュラーな買い方で、どのペットショップでも買うことが出来る状態ですので、一つの店ではなく、色々なペットショップを巡って元気そうな子を探し出して買うのがおすすめです。

犬や猫は店以外で買う事がおすすめ

日本では現在、犬・猫という2大コンパニオンアニマルがペットショップの主役となっていますが、世界中には犬や猫のお店での販売が禁止されている国もあります。そして、野良犬問題や殺処分問題などを考えると、日本でも安易に買う・飼う人を減らすため、安易には買えない形にするべきという動きが強まっているようです。そういった動きを大事にするという意味でも、元気な子と出会うためにも、知り合いやブリーダーなど、生まれた時から、その犬や猫の事を見てきてどんな子かよく知っている人から直接買うことを推奨します。どうしても店で買いたい場合は、店の評判をよく参考にすることが重要です。

子猫販売は、ペットショップ以外にブリーダーでも手掛けており、繁殖状況や健康状態などをチェックした上で購入可能です。

ペットを飼う際は基礎知識や覚悟など色々なものが必要

You May Also Like